不動産の相続登記における流れや費用とはの画像

不動産の相続登記における流れや費用とは

税金について

細谷 年伸

筆者 細谷 年伸

不動産キャリア19年

不動産の相続登記における流れや費用とは

相続の発生により、引き継ぐのは現金や預貯金ばかりではありません。
土地や建物などの資産も、財産として相続するケースは多々あります。
土地や建物などの物件を相続した方は、さまざまな手続きをしなくてはなりません。
そのひとつが登記です。
本記事では、不動産の相続登記の概要や、一般的な手続きの流れ、必要な書類や費用などについて解説をしましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続登記の流れとは

不動産の相続登記とは、相続の発生によって土地や建物などの資産を引き継いだ方が、登記をおこなうことを指します。
相続資産が存在するエリアを管轄している、法務局で手続きをおこないます。
なお、相続における登記とは絶対に必要なものではなく、あくまで任意であることがポイントです。
つまり、登記をしなくても、違法になるわけではありません。
ただ、登記をしておかないと、売却や活用ができない、担保にして金融機関から融資を受けられないなど、さまざまなデメリットが発生します。
一般的な手続きの流れですが、まずは遺言書の有無や法定相続人、相続財産の確認をおこない、遺産分割協議書作成、登記申請と進みます。

不動産相続登記に必要な費用とは

手続きを進めるにあたり、さまざまな書類が必要です。
スムーズに手続きを進めるため、必要な書類はできるだけ早めに準備しましょう。
まず必要となるのは、登記申請書です。
これは、法務局のホームページからダウンロードが可能です。
また、被相続人や相続人の関係を詳しく説明している、相続関係説明図もあると、スムーズに手続きを進められるでしょう。
ほかにも、亡くなった方の出生から死亡にいたるまでの戸籍や、被相続人の住民票の除票、相続人全員の戸籍謄本が必要です。
不動産を取得する相続人の住民票や、対象物件の固定資産評価証明書、相続人全員の印鑑証明書なども用意しましょう。
費用ですが、すべての手続きを自分たちだけで進めるのなら、必要な書類を取得するときに発生する数百円~千円程度です。
一方、司法書士のような専門家に依頼するのなら、10万円近くかかることも珍しくありません。
あらかじめ、どの程度かかるのか、見積もりを提出してもらいましょう。

まとめ

今回は相続登記とは何なのかを簡単に説明しました。
土地や建物などの資産を相続するのなら、きちんと登記を済ませることをおすすめします。
特に、物件を担保にして融資を受けたい、活用して収益を得たい、と考えているのなら登記は必須です。
ただ、相続登記には専門的な知識が必要であるため、個人で進めるのはおすすめできません。
私たち細谷不動産は、芦屋駅周辺でシングル向けからファミリー向けの物件まで幅広く取り扱っております。
お客様のご相談などに真摯に取り組んでまいりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”税金について”おすすめ記事

  • 配偶者が死亡した際の不動産相続をスムーズに手続きする方法は?の画像

    配偶者が死亡した際の不動産相続をスムーズに手続きする方法は?

    税金について

  • 不動産を相続するときの「特別方式遺言」とは?の画像

    不動産を相続するときの「特別方式遺言」とは?

    税金について

  • 不動産相続時には火災保険の名義変更を早めにしましょうの画像

    不動産相続時には火災保険の名義変更を早めにしましょう

    税金について

  • 家族が認知症になった際の不動産売却の注意点を解説しますの画像

    家族が認知症になった際の不動産売却の注意点を解説します

    税金について

  • 不動産の相続で相続財産管理人の手続きが必要なのはどのようなケース? の画像

    不動産の相続で相続財産管理人の手続きが必要なのはどのようなケース?

    税金について

  • 不動産の相続と生前贈与の異なる点が知りたい!の画像

    不動産の相続と生前贈与の異なる点が知りたい!

    税金について

もっと見る