賃貸の空室対策にインターネット無料は有効?上手に経営していくためにはの画像

賃貸の空室対策にインターネット無料は有効?上手に経営していくためには

事業内容

細谷 年伸

筆者 細谷 年伸

不動産キャリア19年

賃貸の空室対策にインターネット無料は有効?上手に経営していくためには

賃貸物件を上手に経営するためには、空室対策が必要です。
なかでも有用性が高いのがインターネット無料の設備ですが、なぜ人気なのか、理由を知っていますか。
今回は、賃貸の空室対策におけるインターネット無料が人気の理由や導入した際のメリット・デメリットにフォーカスします。
芦屋駅・打出駅周辺で賃貸物件を所有するオーナー様は、ぜひ、今後の参考にしてみてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸の空室対策でインターネット無料が人気の理由とは?

結論からいうと、入居者側からみたメリットが大きいため。
現代社会では、スマートフォンの普及により、日常生活でパソコンを利用しない方もインターネットに触れる機会が格段に増加しました。
賃貸住宅で人気の設備ランキングでは、単身・ファミリー世帯ともトップを維持しているほど。
いまや、誰もが生活のなかで当たり前に利用している設備だといえます。
とはいえ、自分で契約すると、費用の負担は大きいもの。
さらに、入退去時の回線工事などの手間もかかってしまいます。
ですが、インターネット無料設備が最初から付帯されていれば、引っ越し当日からインターネットの利用が可能です。
費用面に限らず手間も含めると、家賃が高めでもインターネット無料の設備は、借主に対する十分なアピールポイントになるでしょう。

賃貸の空室対策におけるインターネット無料のメリット・デメリット

続いて、賃貸の空室対策におけるインターネット無料のメリット・デメリットについてみていきます。

メリット

空室対策になる
先述したとおり、幅広い世帯の入居者にとってインターネット無料の設備は、大きなメリットがあります。
特に、いくつかの物件で迷っている入居者候補には、訴求効果が期待できるでしょう。
また、入居者の満足度が向上するため、入居率の増加と同時に退去率の低下にもつながります。

家賃や管理費のアップも狙える
増加傾向にあるとはいえ、インターネット無料の設備を導入している物件は、まだまだ少ないもの。
今なら近隣物件との差別化が図れます。
資産価値が上がるため、家賃のアップも狙えるかもしれません。

デメリット

コストがかかる
導入するタイプによって異なりますが、初期投資として20万円から30万円、回線と保守費用として毎月1万円から1万5,000円程度のコストがかかります。
コストを安価に抑えるには無線接続方式の導入がおすすめですが、電波が安定しないケースもあるため、慎重に検討しましょう。

まとめ

今回は、賃貸の空室対策におけるインターネット無料について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか。
インターネット無料の設備を導入すると、入居者の満足度が上がり、より魅力的な物件に。
一方で、まとまった費用が必要ですので、回収スパンなどを十分に考慮して導入しましょう。
私たち細谷不動産は、芦屋駅周辺でシングル向けからファミリー向けの物件まで幅広く取り扱っております。
お客様のご相談などに真摯に取り組んでまいりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”事業内容”おすすめ記事

  • 2024年 新年のご挨拶の画像

    2024年 新年のご挨拶

    事業内容

  • 年末年始休業日のお知らせの画像

    年末年始休業日のお知らせ

    事業内容

  • 「地域との深いつながりを大切に」不動産の総合窓口を目指しています!の画像

    「地域との深いつながりを大切に」不動産の総合窓口を目指しています!

    事業内容

  • 臨時休業のお知らせ 8/22(火)~24(木)までの画像

    臨時休業のお知らせ 8/22(火)~24(木)まで

    事業内容

  • 2023年 夏季休業のお知らせの画像

    2023年 夏季休業のお知らせ

    事業内容

  • 2023年ゴールデンウイーク休暇についての画像

    2023年ゴールデンウイーク休暇について

    事業内容

もっと見る