不動産投資する前に知っておきたい頭金のイロハの画像

不動産投資する前に知っておきたい頭金のイロハ

事業内容

細谷 年伸

筆者 細谷 年伸

不動産キャリア20年

不動産投資する前に知っておきたい頭金のイロハ

不動産の投資を検討している人は、収入を得られることに期待を抱いているでしょう。
しかし、何も準備せずに始めてしまうと、失敗したときの負債が怖いですよね。
そこで、この記事では一般的に言われている頭金がいくらぐらい必要かなど、詳しく解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資に必要な頭金はいくら?

不動産投資を始める前に、頭金を用意することをアドバイスされた経験のある人もいるでしょう。
結論から述べると、自己資金を準備しておくとリスクを最小限に抑えられます。
それでは、いくらぐらい必要なのでしょうか。
一般的には、購入する不動産価格の3割が目安です。
たとえば、4,000万円の物件であれば、3割の1,200万円を用意しておけばひとまず安心だと考えます。
約3割の自己資金をあらかじめ所持しておくと、リスクを抑えながら運用できるので、初心者の人は参考にしてみると良いでしょう。
なお、不動産投資においては、預貯金と金利負担のバランスを自己資金で表します。
具体的には、自己資金が多いほど預貯金は減るものの、金融機関へ借りるお金も少なくなります。
そのため、金融機関は利益を得られません。
一方、自己資金が少ないと金融機関からローンを借りて運用し、金利負担も大きくなります。
その分、金融機関の利益も増えますが、融資のリスクも増加するため、安易にお金を貸しにくくなりますよね。
以上より、自己資金は3割を目安にすると、金融機関からもお金を借りやすくなり、安全な投資につながります。

頭金がなくても平気?0円で不動産投資を始める方法

しかし、0円でも不動産投資が可能な場合もあるのです。
言い換えると、全額を金融機関から融資されることを意味します。
たとえば、新築物件や長期的に見て需要が予測できる土地は、価値が下がりにくいため、全額融資できる可能性が高くなります。
つまり、需要が見込めると頭金がなくても100%の価格で融資できると考えてください。
加えて、

●金利の上昇を把握すること
●長期的な運用を視野に入れること


を理解する必要があります。
不動産投資は、長い時間をかけて運用していくことが一般的です。
この期間は、借主から得られる家賃が収入源となり、これを元に資産を運用していきます。
長期間運用することで、金利の上昇リスクがあり、毎月の返済額が増加する可能性を覚えておきましょう。
また、頭金を0円として投資を始めると、

●資産形成を早く始められる
●失敗した際のリスクを抑えられる


のメリットを得られます。

まとめ

不動産投資する際には、約3割の頭金を用意すると安心です。
条件が良ければ、0円からでも始められるので、気軽に挑戦してみましょう。
私たち細谷不動産は、芦屋駅周辺でシングル向けからファミリー向けの物件まで幅広く取り扱っております。
お客様のご相談などに真摯に取り組んでまいりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”事業内容”おすすめ記事

  • 2024年 新年のご挨拶の画像

    2024年 新年のご挨拶

    事業内容

  • 年末年始休業日のお知らせの画像

    年末年始休業日のお知らせ

    事業内容

  • 「地域との深いつながりを大切に」芦屋市・打出エリアの不動産総合窓口を目指しています!の画像

    「地域との深いつながりを大切に」芦屋市・打出エリアの不動産総合窓口を目指しています!

    事業内容

  • 臨時休業のお知らせ 8/22(火)~24(木)までの画像

    臨時休業のお知らせ 8/22(火)~24(木)まで

    事業内容

  • 2023年 夏季休業のお知らせの画像

    2023年 夏季休業のお知らせ

    事業内容

  • 2023年ゴールデンウイーク休暇についての画像

    2023年ゴールデンウイーク休暇について

    事業内容

もっと見る